世界にひとつだけのわが子の名前、やっぱり個性は欲しいですよね

最近では子供が将来国際的に活躍するときに名前がネックになってはいけない・・という気持ちから、
海外でも通用する名前を選ぶ傾向にあります。
もう、太郎・花子の時代ではないですからね。
それに、やっぱり自分の子供は他のことは違う個性的な名前を持っていてもらいたい、というのもわかります。

でも、親というのは時々「やりすぎ」てしまうもの。
愛情がたっぷりすぎて、こだわりすぎた名前をつける親御さんも増えています。
そうした名前に対して、笑いを込めてつけられたネーミングが「キラキラネーム」というもの。
ネット上には、こうした「キラキラネーム」を集めたサイトもたくさんあります。
「キラキラネーム」で検索してみてください。

どこまでが個性として許されるのか、線引きは難しいですよね。

実は、明治の文豪、森鴎外は、自分の子供に個性的な名前をつけていました。
その名も、
於菟(おと)
茉莉(まり)
不律(ふりつ)
杏奴(あんぬ)
類(るい)
です。
でも、当時これを「キラキラネーム」と呼んで馬鹿にする人はいませんでした。
現に森茉莉さんは作家として活躍しましたし。
だから、個性的な名前をつけることは決して悪いことではない、と思います。

でも、もし名前が個性なのかキラキラネームなのか、という線引をするのであれば

「漢字四文字以上はやりすぎ」

と思っていいでしょう。
名前に凝るにしても、漢字は2文字か3文字。
そういう縛りを入れることで、自分の子供の名前が他人から揶揄される可能性はぐっと低くなるでしょう。